2009年04月26日

お忙しでお疲れやったんや、目に見えぬストレスに注意!や。



最初このニュースを聞いた時は「公然わいせつ」というから、女性にけしからぬふるまいをしたのかという印象だったが、なーんだ酔っぱらって前後不覚、ほぼ全裸で叫んでいたというからだいぶ印象の訂正を余儀なくされた。

要は酔っ払い、飲んでも飲まれるな!ということに尽きるが、飲んで酔わなきゃ何の意味がある?ということもなくはなくて、ほどほどに小さなグループ内の迷惑にとどめておけば、酔っ払いもさほどのことはないのだが……。

まあこれがSMAPの一員でなければ、ことはかほどのニュースにはならなかったわけで、行為から覚せい剤疑惑まで持たれて家宅捜索、その疑いも晴れて釈放、お詫び記者会見となるのも有名税の一環だろうなあ。

会見ではストレスなどないとは明言していたけれど、自覚のあるなしにかかわらず、頂点を極めたグループの一員でストレスはない方が異例で、有形無形、模範とされ過ぎるきらいにもなる人気グループの一員、お疲れにはなるだろう。

有名になりたいという願望は多く人口に膾炙していて、その割に有名になってからの苦痛はほとんど想像のほかなのは、有名になったことがないからかもしれぬが、有名願望などほとんどない筆者からすれば、そんな面倒くさい立場に身を置きたくはないなあ、というのがホンネ。

どだいひとさまの模範などというのはつらいもので、飲食店で迷惑客の上位を占めるのはたいがい警察官や教師、羽目を外せばとめどがないのが模範を要求される職種。不埒な裁判官もいるしなあ。

無理に無理を重ねた模範はいつか暴発する、というのがむしろ人の習い。メディアの反応も大げさだが、総務大臣の撤回したとはいえ「最低人間」発言も大仰。つい先頃の国際会議での同僚の酔っぱらいに比べてもどちらが破廉恥かはもはや言うまでもなし。

草gクン変じて草なぎクンに右へ習えも面白かったが、草gクンも草なぎクンのしでかしたことは早く忘れて自覚のないストレスの按配、そのコントロールに留意、走るばかりで暇もなかろうが、今回も良き休養として捲土重来や。永い人生、この程度の破廉恥、思い出せば誰にもある、くらいに思うのも療法やで。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年04月25日

言い訳は見苦しい、けれど行為はなくならぬのでは?



酔っ払っていたから、(相手の女性が)未成年だとは気付きませんでしたという言い訳が通用しないとしても、この世に酒がある限り、それでも酒の上の出来事はなくならぬ。
それがわが人間界のセオリーだろうなあ。クサナギくんもそのデンだけど、出来事にもまた個々個人差があるしなあ。

でもなあ「酔っぱらうとどんな女性も美人に見える」というのが否定されたとしても、酒の上の出来事はなくなることはないので、酒は勢いをつける、シラフでは恥ずかしくてできないことでもその勢いはいろいろなことを可能にしてしまうかもしれないのじゃないの。
その事実がお灸をすえられるようなことかそうでないかは別にして。

所詮アルコールはすべてを大まかにしてしまうものではあるので、女性の年齢を把握する部分だけは大まかでないのはむしろ男性にとって未成年者へのフトドキ以外は雀百までのたぐい、慶賀すべきことかもしれない。異性間の出来事などある意味、垣根を超えるからよろしいわけで、それが未成年者でなければ当事者の責任の素、いかようにもということではあるのは変わりなしだ。

科学がいろいろ証明しても本能という事実は何よりも強し、ということかもね。女性に対する鑑識眼にアルコールは邪魔できないとわかったということは本能の正当性をまた明らかにしたということだが、相手が未成年であることに気付かなかったことを「正当な理由」にできなくなったことと、酒の上の勢いということとの間には、それぞれ異次元の遙かな真実も隠されていようね。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年04月23日

驚きに包まれてこそ、人は生き活きではあるね。



もう充分にこのニュースはよく知られることとなっているだろうが、結局、見かけと歌声とのギャップで驚きの表情を見せる観衆の事前事後の表情の方が、ご本人よりさらに大いなる見もので、これは価値観のクリーニング効果として絶大なものがあっただろうと思う。

ことほどさように見かけだけですべてを判ったつもりになる人間の限界を照射したニュースもマレではある。まあそんなギャップによる快感も実は人間にはあって、二重の相乗効果をこのスーザン・ボイルさんは我々にもたらしてくれたということになる。

歌う前は本人の希望がまるでそぐわず失笑さえ漏らした観衆も、ひとたびその歌声を聴くやいなや、まことその希望にかなった美声と、瞬時に納得したというのも、説得力に満ちた映像であり、その美声だった。

まるで仕組まれたほどの奇跡とも見える、47歳の中年女性の現実は、しかしその夢がかなう現実ともなるわけで、あきらめず年齢を超えいま在る境涯さえ超えてつかみとる意志さえあれば、奇跡すらも現実、そんなこともはからずして目覚めさせるこれは近ごろ珍しきジャンプ力を携えたニュース!
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化

2009年04月21日

舌禍か、報道禍か、それが問題?うらおもて。



まあ切れはしの報道から、このジャッキー・チェンのことばが舌禍を呼ぶほどのものかどうか、定かには言えないけれども、背景を考えるとそうも言えもするし、非難轟々という一面もわからなくはない。

なにしろ中国だから、ジャッキー・チェンでさえ爆発するかもしれない中国製テレビは買わず、日本製を選ぶというのだ。
餃子事件から知的所有権侵害をあたりまえ公然と犯し、さらにチベット問題もあった、北朝鮮の後ろ盾みたいな行動と、どうも後顧の憂いのありすぎる中国ではあるから、野放しの自由などその相乗化にしか見えぬのではあろう。

一面、天安門そしてチベットへの高圧的な事象も経験した民衆にとっては、これ以上自由がなくなってどうするということではあって、自由はアレルギーのひとつと言えることばなのではある。

報道もことばの前後の流れをしっかり報道しない限り、琴線に触れれば、触れられた方はあれこれの反応があるのは確かで、所詮、他人事という向きもまた別の側面、迷惑するのは当事者だけなのではある。

経済の立て直しの最重要ポイントにもなりつつある中国だからこそ、それを扱うニュースの発信元はより良き正確を期さないと、想像も絶する、よりあしき弊害ももたらすこと、他人事ではとどまらぬかもしれないから、より慎重な報道を、という感触もあるニュースではある。。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年04月17日

やっぱり神に選ばれし者、その名はイチロー!



胃潰瘍でされどイチローは、やっぱり人並み鈴木一郎になったけど、それでも復活すればたちまち空前絶後のイチローにスグなってしもうた、さすがイチローや。

WBCで、なんであんなに苦労したん?と思うばかりに簡単にひと山越えてしもうた。毎年200安打以上というのも大変な記録なんやけど、張本と並んだというけれど、その3085安打というのも滅茶な記録で、もう不滅だろうと言われていた、突出した名選手だけがどこまで近づけるかという目標記録でもあるのだった。

現楽天監督の野村が2901本、王でさえ2786本――が続く2位3位の数字。
その仲間の一人になるだけでも正真正銘の誉れであるのに、しかもさらに凄いのは張本が23年かけたのを18年で達成したということ。まさしく不滅を超えた不滅の記録なのである。
おそらくまず張本に追いつけない記録は通算本塁打(504)の領域だろうけれども、この日本野球史上の大選手である張本の記録を超えたことこそがスゴ〜イのである。

本塁打に関してはそうでも盗塁に関しては、これも凄い。
盗塁の不滅の記録は福本の1085だけれども、数では現在その半分ほどだから(と言っても日本史上4位)到達は無理でも、その盗塁成功率がスゴ〜イ。福本を超えているのである。
攻守走というけれど、これだけバランスのいい選手自体がもう空前絶後、外野からのレーザービームといわれるコントロールされた返球、たまげるばかりの名選手がイチローというわけである。
神様仏様稲尾様の稲尾すらその永き活躍ではひけを取ってしまう、無事これ名馬なのである。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。