2008年09月25日

ことばばかりの改革キャンペーンも終わりにして欲しいねえ!



誰が閣僚になろうと、すぐ解散となるとりあえずの内閣だから、元大臣のレッテルないしは勲章を履歴に加えるだけ、期待するもしないもないというわけではある。それに小泉−阿倍−福田−麻生と続いている総理、これすべて家督相続総理、島国村社会らしいねえ。

そのカタチばかりの内閣、いよいよ島国村社会の、性格というか本領というか、きわめつけ特有の姿ではある。
もともと地盤・看板・鞄を世襲して政界に入る議員が多いので当然の帰結としても、まあなんと世襲議員の入閣の多いことよ。

総理も二世だから、その帰着と言えばそうで、元総理の息子や孫が並ぶ内閣として、これは世界に冠たるその記録内閣ではなかろうか。
家代々の職業を継ぐこと自体は一般社会でも大いに行われていることであり、あながち責められることではないこととは思われるが、ことが国家となると、少々危惧を持たざるを得ないのは、この政界の空気感である。

家を継ぐだけならその家の問題で、せいぜいその家が属する業界くらいは影響があるだろうが、一般社会からすればコップの中の嵐、さしたる問題ではない場合が多いかとは思う。
それがさらなる拡大をしてことが国家規模で行われている(すべてがお家騒動?)のがわが国の政界構造だから、いつまでも透明感も澄明感(長命感?)も生まれず、常態化している密室感も亡くならず、さらなる政界逼塞感ばかりがいや増すだけ、と感ずるのは筆者ばかりであろうか。

なんだかねえ、これで何かを期待なんて無理難題というものだよ。その上、問題となっている最大はお役所だけど、そのお役所育ちの議員がこれまた大勢を占めているんだからねえ、ことばは改革が好きなようだけど、無理だろ、という結論がまあこれまた当然の帰結ということになるんだよねえ。
改革の一番必要なのはこの政界構造なのだから!

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107105421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

麻生新総裁の初会見と首相自らの閣僚名簿発表
Excerpt: 自民党の麻生太郎・新総裁(68)は22日、自民党本部で会見を開いた。全文は以下の通り。  先の総裁選挙において第23代自由民主党の総裁になりました麻生太郎です。 この総裁選挙、始..
Weblog: 気の向くまま
Tracked: 2008-09-25 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。