2009年01月21日

「世界一素晴らしい仕事」幻想にハマりたくはあるけれど……。



アクセスがダウンするほど「世界一素晴らしい仕事」に殺到、ということは、如何に多くの人が、いま「素晴らしい仕事」に飢えているかということ、かもしれないね。世界的不況だから、「素晴らしい仕事」どころか、「仕事」にありつけない人も多くいる時世だしね。

そうでなくとも一般的に、多くの人が「素晴らしい仕事」に飢えていることだけは確かな気がする。稼ぎに稼ぐけど、自由時間は僅少、使うは女房ばかりなり、という場合や、その逆、時間は自由でも使えるマネーは僅少という場合、仕事あってのものだね、とはいっても、まこと世界一とまで求めずとも素晴らしいと感じられる仕事ほどこの世に<僅少>なものもないかもね。

それに、外見に素晴らしいと思えても、実際その渦中にハマるのとでは感覚も違うだろうし、世界一というからにはスキルについても相当なことが要求されることだろうし、半年間という限定もあるから応募者もおそらくゆとりを持った応募者が多いのかもしれん。金メダリストまで応募者にいるようだし。
上を観ればキリがないのが仕事というものでもあろうし、悩ましいところや。まあ世界一よりもほどほどのところで、ほどほどの収入とほどほどの自由時間が得られればいいという程度に思っていた方がいいのかもしれない。

ましてグレートバリアリーフ、どうせ半年間過ごせるなら、ギャラ云々を超えて遊びほうけたいね。時々バイトくらいならまだしも、そこで定職となると、あれこれそうは勝手もできぬだろうし、遊びと仕事では自由度がまるで違うしね。
と想うのも、実は「世界一素晴らしい仕事」と思えるお仕事に就いたことなどないせいかも知らんけど。でも、仕事と遊びはいっしょくたにはできんとは思うなあ。遊びの延長が仕事、仕事の延長が遊び、というのが夢であろうともね。

人気ホームページランキングへ


スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112937132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

タイトルの探求/世界一素晴らしい仕事/世界一素晴らしい仕事
Excerpt: 「世界一素晴らしい仕事」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ストアミックス 楽..
Weblog: 徹底サーチ
Tracked: 2009-02-18 16:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。