2009年03月31日

アイスダンスの放映が無きにひとしきは、スケートの魅惑を忘れ去るが如し。



連覇ならず浅田真央ちゃん残念、WBCの借りを返す形でキム・ヨナあっぱれ、安藤美姫久々カムバックということになったけれど、技術はだんだん重箱の隅争いになって、シロウト衆のひとりである筆者などは結局<女>を繚乱と輝かせてほしい、その一点が最終的な価値と思える。

アイススケートで一番筆者の愛好するジャンルは日本が不得意なアイスダンスなので、そこで観るドラマチックにしてロマン溢れる輝きこそが基本的なスケートの美と、思う嫌いもなくはない筆者からすると、アイスダンスの放映そのものが少ないことが不興だし、今回に限らず技術を競えばきそうほどどうして髪型はみなひっつめみたいになるのか、これもちと考え直してもいいのじゃないのと、外野の心は思う。

真央ちゃんもいかんせんまだ少女で、美姫ちゃんの方がまだしも大人の女性に近くなってはいるが、ルックスからすれば髪型にもさらなる工夫をすればさらなる魅力が倍加するのじゃないかと思う。
体操だってコマネチよりチャスラフスカだし、ドイツ女優の系譜の後裔としてさえ見映えのあったカタリナ・ビットくらいの艶麗の舞を見たく思う。マリナ・クリモワやナタリア・ベステミアノワのアイスダンスを知る身からすれば、究極のドラマをその怜悧な切っ先が生む氷上でのロマティシズムの光芒こそ観たいものの極地なのである。

技術以前のプラスアルファがあってこそ人々に讃嘆の趣を感じさせようし、それこそが男の領域とは違う女の独自な輝きなのではないかと改めて思った大会ではあった。
勝つことも必要だろうけれど、勝つために置き忘れているものもあるんじゃなかろうか、と思う次第でもあった。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116489274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。