2009年04月14日

成功すれば、時代も変わるかもね。



セグウェイも一般道不可ということであまり見かけなくなり、その想像する利用頻度からみて価格も高価すぎて、商売として普及度もイマイチなんだろうと想像する。

そのセグウェイとゼネラル・モーターズが協力というのは、いかにも不況下のタッグで、マイナス+マイナスをプラスに変える試み、まあ企画としてはよろしい按配じゃありませんか、というところ。

自動車の世界も、もう徐々にガソリンに頼る時代は移行しつつあって、電気自動車は大いなる選択肢のひとつだけど、これ、まだ試作車の段階なれど、最高時速56キロというのが、もう実用的ではないよね。
前でも横でも走っていたら邪魔になるオートバイのそばにいるのはイヤ、というのは自動車運転者の共通心理と思うけれど、それと同じそれ以上の邪魔な存在になってしまうやろうなあ。

せめて80キロは出る仕様にするか、それとも自動車という扱いより自転車ということにして、時速もさらに落とすという方が実用性はあるんやなかろうか。セグウェイと同じ道路事情の壁を解決しないと、単なる変わりヴァージョンに過ぎず、普及とはほど遠いことになって、共同開発の意義が失われることになると思われる。

さあ試作車からどう進捗していくか、それが問題だということだが、オープンカー的な部分は生かし、安全性もさらに留意し、セグウェイの発想をどう道路事情の壁を超えさせるか、自転車仕様なら横幅の問題もあるし、それができたら嬉しい乗物に違いないと思うよ。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117441457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。