2009年04月17日

やっぱり神に選ばれし者、その名はイチロー!



胃潰瘍でされどイチローは、やっぱり人並み鈴木一郎になったけど、それでも復活すればたちまち空前絶後のイチローにスグなってしもうた、さすがイチローや。

WBCで、なんであんなに苦労したん?と思うばかりに簡単にひと山越えてしもうた。毎年200安打以上というのも大変な記録なんやけど、張本と並んだというけれど、その3085安打というのも滅茶な記録で、もう不滅だろうと言われていた、突出した名選手だけがどこまで近づけるかという目標記録でもあるのだった。

現楽天監督の野村が2901本、王でさえ2786本――が続く2位3位の数字。
その仲間の一人になるだけでも正真正銘の誉れであるのに、しかもさらに凄いのは張本が23年かけたのを18年で達成したということ。まさしく不滅を超えた不滅の記録なのである。
おそらくまず張本に追いつけない記録は通算本塁打(504)の領域だろうけれども、この日本野球史上の大選手である張本の記録を超えたことこそがスゴ〜イのである。

本塁打に関してはそうでも盗塁に関しては、これも凄い。
盗塁の不滅の記録は福本の1085だけれども、数では現在その半分ほどだから(と言っても日本史上4位)到達は無理でも、その盗塁成功率がスゴ〜イ。福本を超えているのである。
攻守走というけれど、これだけバランスのいい選手自体がもう空前絶後、外野からのレーザービームといわれるコントロールされた返球、たまげるばかりの名選手がイチローというわけである。
神様仏様稲尾様の稲尾すらその永き活躍ではひけを取ってしまう、無事これ名馬なのである。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。