2009年04月26日

お忙しでお疲れやったんや、目に見えぬストレスに注意!や。



最初このニュースを聞いた時は「公然わいせつ」というから、女性にけしからぬふるまいをしたのかという印象だったが、なーんだ酔っぱらって前後不覚、ほぼ全裸で叫んでいたというからだいぶ印象の訂正を余儀なくされた。

要は酔っ払い、飲んでも飲まれるな!ということに尽きるが、飲んで酔わなきゃ何の意味がある?ということもなくはなくて、ほどほどに小さなグループ内の迷惑にとどめておけば、酔っ払いもさほどのことはないのだが……。

まあこれがSMAPの一員でなければ、ことはかほどのニュースにはならなかったわけで、行為から覚せい剤疑惑まで持たれて家宅捜索、その疑いも晴れて釈放、お詫び記者会見となるのも有名税の一環だろうなあ。

会見ではストレスなどないとは明言していたけれど、自覚のあるなしにかかわらず、頂点を極めたグループの一員でストレスはない方が異例で、有形無形、模範とされ過ぎるきらいにもなる人気グループの一員、お疲れにはなるだろう。

有名になりたいという願望は多く人口に膾炙していて、その割に有名になってからの苦痛はほとんど想像のほかなのは、有名になったことがないからかもしれぬが、有名願望などほとんどない筆者からすれば、そんな面倒くさい立場に身を置きたくはないなあ、というのがホンネ。

どだいひとさまの模範などというのはつらいもので、飲食店で迷惑客の上位を占めるのはたいがい警察官や教師、羽目を外せばとめどがないのが模範を要求される職種。不埒な裁判官もいるしなあ。

無理に無理を重ねた模範はいつか暴発する、というのがむしろ人の習い。メディアの反応も大げさだが、総務大臣の撤回したとはいえ「最低人間」発言も大仰。つい先頃の国際会議での同僚の酔っぱらいに比べてもどちらが破廉恥かはもはや言うまでもなし。

草gクン変じて草なぎクンに右へ習えも面白かったが、草gクンも草なぎクンのしでかしたことは早く忘れて自覚のないストレスの按配、そのコントロールに留意、走るばかりで暇もなかろうが、今回も良き休養として捲土重来や。永い人生、この程度の破廉恥、思い出せば誰にもある、くらいに思うのも療法やで。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118100928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。