2008年04月19日

環境公害を抑制する最小の行為は禁煙やろなあ。



禁煙してもう10年は過ぎたけれど、喫煙者はどんどん地上の居場所を減らしとるなあ。これもマナー悪いからなあ。携帯のマナーとともに、日本の二大悪癖かもしれん。

これでたばこそのものを購買する場所も減ることだろう。条例が出たぐらいでは効き目も緩やか、悪癖もなおらんだろうけれど、肝腎のブツを仕入れるところが減れば、少々は身に応えるかもなあ。

まあもともとすべて税金を納めて購入しているくらいのもの、踏んだり蹴ったりみたいなもんやけれど、もうおしゃぶりやめたら? というような忠告というくらいに思うたらエエ。経済的にも健康的にも、公衆衛生的にも、百害あって一利なし、ということになってきたんやなあ。

目先5メートルしか視界がなければ、当面の効用もあれこれあるかも知れんけれど、ストレスなど違う形でいくらでも発散できるもので、それを探せないとすればそのこと自体が少々たばこの弊害とも言える中毒や。

もう環境公害に加担して済む時代やない、ちゅうこっちゃ。汚れに汚れて、タバコ吸わなくても健康などイチコロの時を過ごしているのに、それを倍増させることはない。歩きたばこも見苦しいけれど、そのことに気づかぬ鈍感はさらに見苦しいもんや。




スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93914219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

神奈川県で屋内全面禁煙へ、条例案
Excerpt: 禁煙が広まっています。屋内全部とは思い切ったやり方です。タバコは毒ですし、中毒性があることは知られています。
Weblog: ecomedi
Tracked: 2008-04-21 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。