2009年04月25日

言い訳は見苦しい、けれど行為はなくならぬのでは?



酔っ払っていたから、(相手の女性が)未成年だとは気付きませんでしたという言い訳が通用しないとしても、この世に酒がある限り、それでも酒の上の出来事はなくならぬ。
それがわが人間界のセオリーだろうなあ。クサナギくんもそのデンだけど、出来事にもまた個々個人差があるしなあ。

でもなあ「酔っぱらうとどんな女性も美人に見える」というのが否定されたとしても、酒の上の出来事はなくなることはないので、酒は勢いをつける、シラフでは恥ずかしくてできないことでもその勢いはいろいろなことを可能にしてしまうかもしれないのじゃないの。
その事実がお灸をすえられるようなことかそうでないかは別にして。

所詮アルコールはすべてを大まかにしてしまうものではあるので、女性の年齢を把握する部分だけは大まかでないのはむしろ男性にとって未成年者へのフトドキ以外は雀百までのたぐい、慶賀すべきことかもしれない。異性間の出来事などある意味、垣根を超えるからよろしいわけで、それが未成年者でなければ当事者の責任の素、いかようにもということではあるのは変わりなしだ。

科学がいろいろ証明しても本能という事実は何よりも強し、ということかもね。女性に対する鑑識眼にアルコールは邪魔できないとわかったということは本能の正当性をまた明らかにしたということだが、相手が未成年であることに気付かなかったことを「正当な理由」にできなくなったことと、酒の上の勢いということとの間には、それぞれ異次元の遙かな真実も隠されていようね。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年04月03日

生きているあいだに上手な嘘をつけるかなあ。



嘘も方便を、全世界的に容認されるエイプリルフール。
メディアがわざわざ嘘つかんでも、時々ニアミスやっとるやんけ、とは言わんといたろ。
それより読んだ限りではさほどインパクトのある嘘もないなあ。
これでは、せっかく嘘つく意味もあらへん。

でももともと、人間嘘つく動物、嘘こそマコトもあれば、嘘こそ腹立ちの素もある。嘘をもっとも高みに持ち上げるのが芸術の領域なら、嘘がそのまま自らのぶざまを露呈するのが政治の領域。
世はさまざま、人もさまざま、ではあっても、どうせつくならひそかに賢いウソをつきたいもの。ひそかに人を裏切りダマすたぐいでは、始末におへん。

嘘でなごむこともあれば、嘘が喧嘩の素となることもある。
所詮人は生理の中に嘘が取り込まれてもいる。
嘘にもまた、その人の性格が塗りこめられてもいる。
そうと知れば、おいそれと嘘もつけぬぬのが、実は嘘というものの理。
どうせなら夢に向かう嘘でありたい。

なぁ〜んて、嘘でマジメになりすぎてもおもろない。
その兼ね合い、頃合いも、これみなその人の価値観を照射する。
難しいねえ。嘘はすぐばれるものだし。
上等な嘘への道、これこそ終わりなき修養の道かもね。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年03月13日

問題山積の東京・大阪、そしてニッポン!やな。



これって、相当不名誉なナンバーワンじゃないの?
しかも2位も日本、東京・大阪住みにくい!世界にお墨付きを頂いたようなものだからね。まあ大都市ほど金がかかる街というこの傾向は避け得ないのかもしれないけれど、ナンバーワン、ツウを独占することはないわな。

お金など少々しかなくても過ごし易いというのがよろしいわけだが、なんといっても住むところ食べることでたちまちアウトの雲行きだろうから、ある意味で不動の位置といえるかもしれない。
まして生活感をたがえる外国人居住者は、あらゆる抜け道を知らぬだろうから、余計骨身にこたえることだろう。

ことに住む場所の狭さ加減は抜け道代替え策すらなく、そのウサギ小屋じみた空間がこの価格?というくらいきわめて高価に映るだろうから、ベーシックな最低生活の部分でオーッ、ノウ!であるだろう。
しかもそのウサギ小屋、並べて一律、どれひとつ代わり映えもせず、個性もオリジナリティもないありさまだから、そのことにもびっくりして信じられなーい!と、拒否反応を起こして不思議ではない。

かくいう日本人の筆者ですら、マンションを物色しても2LDKか3LDK、もともとたいした広さでもないところを区切るものだから、一人部屋はそれぞれ独房、刑務所生活を予行演習するがごとしである。
それぞれ独立した部屋を、というのは欧米よりの移入だろうが、もとより広さが違うのである。形真似ても心ここに在らずだから、家族がバラバラの結果はそちこちで散見されることとなる。

そんな訳でいっこうに自主性も独立性も育たず、権利ばかりをお化けのように主張する悪ガキがそのまま成人したようなのに出会うこととなる。プライオリティ・シートを何と考えているのか、3人めの真ん中の席を腰を振り振りスペースを開けようとするが、もともと男3人が坐るに狭い場所、まして元気だけは人百倍の20代が腰を降ろすような場所ではないから、両側の老人は迷惑至極、しかし平等幻想のご本人は恬として恥じない。住みにくいわけではある。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年03月04日

左利き右利きの問題は思考にさえ影響している!



不利有利というのはいろんな局面で違うだろうが、これを多数派少数派、あるいは常識派異見派と置き換えてみれば、ことはもう少し透明になるかもしれない。みんなと同じで安心というのは、安心哲学とでも呼べばいいだろうが、長命はかなえられても、抜きんでることはできない。

より個性的に他人と違う人生を歩むためには、鼠の大群のように寄らば大樹の陰に紛れ込んではさしたる行為も期待できないだろう。
有利不利という観点ではその時点時点で異同もあるわけで、いつも得か損かという生き方をしていて果たして大道を歩むことになるのか、これもいささか心もとない。

しかもこの左利きの観点からすれば、左利きの人は、右手も同様に使いこなせる両利きの場合が多い。一方、右利きの人はたいていの作業を右手のみで行ってきたため、両手を使う作業がぎこちなくなりがちというから、そのマルチな思考にも利ありなのかもしれぬ。(因みに筆者は残念ながら両利きではなく右利きである)

進化論というのはいろんな局面で変動する部分もあって、一概には言いきれないとしても、所詮個々の人生においてはその嗜好や志向や思考で大いにその進路をたがえるわけで、なにも進化論に沿って生きてもしようもないということになる。
でも両利きは羨ましいねえ、とは言える。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年02月28日

誰もが藤原紀香にはなれんからなあ。



別にユニクロのご商売の邪魔を張ろうというわけではないけれども、藤原紀香を見てこのジーンズを評価すると身を誤ると思うね。
大沢たかおとの腰の高さだけを比較して見てもわかるとおり、藤原紀香の足の長さは遥か標準を超えているからね。

どうぞ藤原紀香クラスのタッパの方はご着用のほどを、というところやね。となると限られるだろうから、イメージガールとしてはともかく、商品の宣伝媒体としての藤原紀香は、いかがなものかということになる。筆者もこんな風に藤原紀香と並び立ちたくはないからね。

カラフル全37色は結構だし、伸縮性ある細見に見えるストレッチもいいけれど、モデルがカッコ良過ぎてはハンディキャップ、いくらかカッコいいくらいに留めないと、絵空事になっちゃうからね。

ジーンズのカラーお化けで、それだけが目立つ羽目にもなりかねないから、いささかコーディネイトにも、自らのタッパにも自覚が必要というわけではある。誰でもが藤原紀香になれるわけではないし、同じ服を着れば藤原紀香というわけでもない。
男はあまりカラフル過ぎても落ち着かんから着用は控えるだろうが、女性はお試しは多いかもしれん。およそたいがいは、せいぜい桑原紀香ぐらいではあるだろうなあ。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年02月16日

歳老いての子も嬉しいだろうが、歳若くして孫というのはどう?



ウ〜ン、本能だろうかね。
いずれが誘惑ということもなく、在るがまま、するがまま、されるがまま、気持ちイイじゃん、ということかもしれない。
なに、不謹慎?

筆者にしたところで勃起を自覚したのは、マリリン・モンローの映画を観た幼少時、故に最初の女はマリリン・モンローと、誇りにさえ思うておる。誰に教えられ、導かれるわけでもなく、男は勃起し、女は感じとるはずなのではある。

互いの両親が裕福かどうかまでは言及がないが、いずれも若くして祖父祖母とはなったのである。育てる以外に道はなかろう。
本能以上に正当はない。理屈ではないのではある。

その意味でも、未成年者の性行為として立件しなかったのは良かった。
取り締まるための法律より、守るための法律でこそ、生きた法律、せいぜい監督不行届き、かもしれぬが、つきっきりというわけにもいかないだろう。

親にとってはまさかのマサカが起こってしまった、ということだろうが、起こりうることではあったなあ。いきなり盲点を突かれた如く、と他人はそう思うが、当事者はどうだろう、最初驚きあわて、生まれてしまった今はもう覚悟以外はなかろう。母子ともに健康、であれば、この先はさらに永き道のり、その後のニュースこそほしい気がするね。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年02月07日

注意力も創造性も無くてはならぬ人生の知恵!



赤い色は暗記などの際に細部への注意力を高め、青い色は創造性を高める――そのとおりかもね。
青信号と赤信号の色分けひとつでも、これは納得できるね。

もう少し微妙には、青は男、赤は女というような、棲み分けも小さいころからそれとなくされていくのも、このことわりと無関係ではないかもしれない。この棲み分けは別にもう一方の色を嫌いにするというわけではないから、それぞれ注意力、創造性に寄与しつつ、その特性をはぐくむのに貢献していることだろう。

注意力はより女性を現実的な地平にいつも連れ戻し、創造性は男性を夢想のかなたに飛翔(費消?もあるけどね)させる、そのベーシックな要素のひとつに、この赤と青があると、気づかさせられると、あらためてむしろこれを恣意的に応用したい気もするね。
ま、これも自然にそうしている部分もあるわけだけれども、これを意識的に取り込んでみる部分を増やしてもいいかもしれない。

創造的な製品の販売担当者は青を用い、新商品開発会議は青色の部屋で行えばよい、広告で赤を使えば、消費者は製品の細部により注目してくれる、という部分はことに具体的にその利用法を示唆してくれているわけで、あれこれアレンジしながら応用の道は広いだろう。
あまり豊富に色があると落ち着かないから、たとえばイメージングするのは、いろんな意味でキッチンは赤、書斎は青を、その基調にするといいかな、などと夢想するわけです。
注意力も創造性も、根っこは想像力でありますからね。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

2009年01月31日

バッタも人類も50歩100歩かも!



……ということは、すぐ群れる人間の習性もセロトニンのせいということになるのかしらん。あるいは、他人と違うことを恐れる習性もこのセロトニンのせいかもしれない。

人間の血中にもこれは存在しているようで、うつ病や神経症などの精神疾患(無論全てではない)を、近年では、セロトニン系に作用する薬物を用いることによって、これらの疾病を治療することができるようになった、ということである。
つまりは、ふだん忘れているが、人間もバッタなどと変わらず限りなく動物であるということである。

……ということは、バッタが、食糧不足のために集団にならざるを得ない状況でぶつかり合うのと同じ状況を作り出すのと同じ状況が、満員電車で見られているわけである。
研究者は、急激な生物学的変化が起こる仕組みについては 90年間 も頭を悩ませていたというが、身近に視点を変えれば、まさに群れムレごっこをこのセロトニンが作用させている、と言えなくはない。

……ということは、セロトニンは脳内の化学物質で、人間の行動や他者とのかかわりに大きく影響を及ぼすものとの認識を以前から持っているにもかかわらず、90年間も悩んでいたということでもある。
内気で孤独を好む昆虫を大集団に団結させるのを知るのは驚きだろうが、同様にセロトニンが内気で孤独を好む人間を大集団に団結させるのを知るのは驚きだとの認識も持って、さらに正解ではないだろうか。

まこと他の動物に比して、人類がさほど確然たる知性の持ち主でないことを知ることも、こうして時には必要なことであることよなあ。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
タグ:セロトニン
posted by キャッツ・アイ at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。