2009年04月26日

お忙しでお疲れやったんや、目に見えぬストレスに注意!や。



最初このニュースを聞いた時は「公然わいせつ」というから、女性にけしからぬふるまいをしたのかという印象だったが、なーんだ酔っぱらって前後不覚、ほぼ全裸で叫んでいたというからだいぶ印象の訂正を余儀なくされた。

要は酔っ払い、飲んでも飲まれるな!ということに尽きるが、飲んで酔わなきゃ何の意味がある?ということもなくはなくて、ほどほどに小さなグループ内の迷惑にとどめておけば、酔っ払いもさほどのことはないのだが……。

まあこれがSMAPの一員でなければ、ことはかほどのニュースにはならなかったわけで、行為から覚せい剤疑惑まで持たれて家宅捜索、その疑いも晴れて釈放、お詫び記者会見となるのも有名税の一環だろうなあ。

会見ではストレスなどないとは明言していたけれど、自覚のあるなしにかかわらず、頂点を極めたグループの一員でストレスはない方が異例で、有形無形、模範とされ過ぎるきらいにもなる人気グループの一員、お疲れにはなるだろう。

有名になりたいという願望は多く人口に膾炙していて、その割に有名になってからの苦痛はほとんど想像のほかなのは、有名になったことがないからかもしれぬが、有名願望などほとんどない筆者からすれば、そんな面倒くさい立場に身を置きたくはないなあ、というのがホンネ。

どだいひとさまの模範などというのはつらいもので、飲食店で迷惑客の上位を占めるのはたいがい警察官や教師、羽目を外せばとめどがないのが模範を要求される職種。不埒な裁判官もいるしなあ。

無理に無理を重ねた模範はいつか暴発する、というのがむしろ人の習い。メディアの反応も大げさだが、総務大臣の撤回したとはいえ「最低人間」発言も大仰。つい先頃の国際会議での同僚の酔っぱらいに比べてもどちらが破廉恥かはもはや言うまでもなし。

草gクン変じて草なぎクンに右へ習えも面白かったが、草gクンも草なぎクンのしでかしたことは早く忘れて自覚のないストレスの按配、そのコントロールに留意、走るばかりで暇もなかろうが、今回も良き休養として捲土重来や。永い人生、この程度の破廉恥、思い出せば誰にもある、くらいに思うのも療法やで。
人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年03月25日

日本の二の舞してほしくないなあ。



19万!って滅茶安やないの。
それこそ安全性が心配になるがな。ほんとうに安全かどうかそこが結局問題やろけどインド車タタ・モーターズって情報がないし。

それに安全をうたうのは自転車やオートバイが多くなり過ぎて接触事故すら多くなったせいやろし。この価格で自動車が増えれば今度は自転車キャンペーンやないの。増えれば自動車の方がより危険度も増すはずやし。渋滞をスイスイいけるのはオートバイに利ありやし。

それにこれは小型車のようだから、家族全員は乗れんやろし、乗るだけ乗ったら事故の時の惨事はオートバイや自転車の比ではないやろし。
あくまで過渡期の価値観やということ認識しとかなあかんやろな。

でも日本車並みの安全性があるとすればこの価格なかなかに魅力的、小家族あるいはお年寄り向きの便利カーかもしれん。
混雑しなければそれなりに利用価値はあるやろ。オートバイと違って四つ足というのがまあ安全というくらいのところかもしれん。

ところ変われば価値変わる、その好例かもやないの。それぞれの家庭事情でも違うやろし、あんまり渋滞するほど混雑しては西洋文明と異同なし、インドの文化的伝統と違和感も出てくるだろうしなあ。

ほどほどというのが出来ない人類のことわりや。最初チョロチョロで快適でも、いつまでその快適が続くかなあ。人口も多いインドやから、日本のように休日いつも行楽地混雑という事態にならんことを祈るなあ。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年03月03日

利便に慣れきった人類への警鐘と思えば……。



繁栄の象徴でもあった自動車業界、どこもかしこも採算割れの部門が出来て、ことに非正規雇用の解雇は世界的に目立つ。例外は無きに如し。
解雇された方には気の毒というしかないが繁栄あってこその職種、ある部分致し方もないのかもしれない。

地域的職業的に絶対必需品というところもあるであろうが、車は基本的に贅沢品。ことに自家用自動車は無ければないですませることもできないものではない。不況となれば何をおいても絶対必要なもののみが購買の対象で、なんらかの足がある限り無駄と切り捨てられて、ある種無理はなかろうとは思う。

車に限らず小さな携帯電話だって無駄といえば無駄、利便に慣れきってなくてはならぬと思うは慣習のためであって、ないで過ごした幾年月を思えば、そうまでせかせか目の前ばかりを追う必要もなかろう、とは思うのである。時代が変われば視点も変わり価値観も変わる。これ浮き世の常ではある。

歩くことこそがすべて健康の基本、エスカレーターで歩くのは少数派なのであるが、費用をかけてスポーツジムに通いながら、エスカレーターになると一歩と歩かない向きも多いのも人ごとながらもったいないとは思う。エスカレーターといわず階段でも格好の下半身強健のチャンス、老齢なら手すりにつかまりつつも動かすことこそ健康、働き盛りならそれこそ二段跳びで習慣的に鍛えたいものである。

不況もまた贅美に慣れた人間への試練、あるいは贅沢品から脱却して日々の生活を足元から考え直す機会と思えば、いかなる道が開かれるとも限らない。なにも好んでうつ病になることもなかろう、明日晴れるか、明日はまた明日の日が照るには違いない。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年02月22日

性と暴力は車の両輪、片方だけ一人歩きは無いよ!



性も暴力も、ある種言論の自由、というところまでは納得しないこともない。けれど性はダメだが暴力は許されるとなると、待てよ、ということになる。ヴァイオレンスで売ったシュワルツネイガーらしいといえば言えるが、それは片手落ちというものだろう。

判事の見解は、州政府は未成年者に対し性的表現を含む制作物を規制する権限があるが、暴力表現については適用されないとするもので、「州政府は、未成年の思考を管理するために言論の自由を規制することはできない」―――とは、胸の腑に落ちないね。
これでは暴力=言論の自由、ということになる。

署名したシュワルツネイガーの見識を疑うしかないね。
あくまで未成年者に対する規制だからちと違うんじゃないの。性的表現を含む制作物はダメというのが逆におかしくなるよ。
性と暴力というのは人間の根源的なものであるだけに切り離して考えては、それこそダメよ。これでは性的表現の規制こそ、言論の自由を犯している、ということになる。

成人と未成年者を同列に扱うのなら、ハナから問題は無きも同然、腰の定まらぬ判断というしかないね。暴力に甘いアメリカの体質がほの見えるね。
甘いといっても自らのそれに甘い、ということだけれどね。
これもお山の大将どこへ行く、というところやな。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年02月10日

善意の陰に、性悪説あり!



捨てる神あれば拾う神あり、悪いことも善きことも実は表裏一体、どちらに転がるかはこれまた神のみぞ知る、というわけだ。
一応の明かされている目的は、処分したい財産の広告を掲載することができるウェブサイトを宣伝することというが、そのサイト自体は有料か無料か、これも知りたい気もするね。

もし有料なら中古品買い取り業者みたいなものを想像してしまうし、無料なら広くサイトを公開して、文字通り処分したい財産の広告を掲載する利便をオープンにするということで、これも双方印象は180度違う。
まこと善意だけと信じるのがベターではあるのだけれど、世知辛い世間に慣れていると、ついついものごとの両面を考えてしまう。

事実この救済家ビルも、「本名を明らかにすることはできない。危険すぎるからね。みんなが彼が金持ちだということを知れば、そう、やっかいなことも起こるからね」と語り、ものごとの両面をしっかり想像してはるわけである。

まあ孟子の性善説より荀子の性悪説にのっとるところで行っているわけだけれども、わが説は性悪説に依拠すれども、これに金が絡めば、セイアクよりさらにきわまるショウワルということになるので、この防御も怠りない救済家ビルには賛成だね。
それにお金をつくる過程で、金持ちはそれなりの性悪説試練も受けているわけで、金持ちほどケチというのはその症例ではあろう。それを踏まえて現金をばらまくこの人物はさらに大金持ちか、税金に持っていかれるくらいならこの寄付行為で節税をするということか、もともと慈善家であったのか、ということだろうかね。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年02月04日

不況の暗闇に出没する怪盗にご用心!



世の中不況になればなるほど、悪党がうごめくのはこれも世の常。
驚くにはあたらないが、もともと金銭感覚がマヒした連中が端緒となったこの不況、経済の中枢のひとつでもあるナスダック会長がしでかしたというこの詐欺、あきれるよりやっぱりねえ、と思うのも今さらかもね。

投資ファンドそのものに筆者などは疑いを持っていて、プロのアナリストとか言われる連中が寄ってたかって構成するファンド、次々と売り出されるものの元金維持の確立は事実非常に薄いので、儲かるファンドは氷山の一角、いちばん解せないのはその損害を発生させたアナリストがいかなる責任ももたないことだろう。

むしろ手数料を稼ぐために参加しているようにしか見えず、手数料の渡り蟹化していると言ってもいい。こんな濡れ手に粟商売を続けられる世界に長くいて金銭感覚がマヒしないほうがむしろ不思議で、バーナード・マドフ(Bernard Madoff)容疑者など、まさしくこのマヒした業界の統領と言っていいところにいたような人物。やっぱりねえ、なのである。

そんな仕組みを知ってからはとても他人の組んだファンドに参加することなど夢にも考えないが、不況になればなるほどこの手のウマい話を醸成させることだけには、こうした連中の手練手管は冴える一方だから、ますますご用心ということだが、懲りずに乗っかる人も多いからねえ。溺れるもの藁をもつかむ、というけれど、藁とは思わずつかむのだろうけれど、もともと投資ファンドなんて藁細工みたいなもんだからねえ、掴んじゃいけんよ!

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2008年12月11日

いまはこんな時でも、いつかこの時というのは、必ず来るものである。



不況の嵐はソニーをも呑み込み、ソニーよお前もか、という向きもあるであろうが、海外市場がその売上の8割を占めるというソニーならなおのこと、経営を直撃しているだろうことは想像に難くない。
売れないのに生産ラインをこれまで通りに維持して生産を続ければ、在庫の山は必至、縮小せざるを得ないのではあろう。

ソニーに限らず新卒内定取り消しや、期間労働者の削減も相次いでいるニュースもあり、時期も時期の師走では、該当してしまう当該者もたまったものではないだろう。しかし、共倒れするか不採算部分をカットするかとなると、後者をまず実行していくことから始めるのは一方の経営倫理、個々の例ではご都合主義的なそれもあるだろうが、万やむなしという場合も皆無ではないだろう。

内定は内定、決定ではない、とうそぶく企業がいたのにも驚くが、それ相応の対応と惻隠の情がその流れの中に組み込まれていなければ、それこそ企業イメージを損ない、不況のせいでないマイナスを抱え込むことになるのは果たして展望の中に在るのか、危うい企業倫理で対応していると、元も子もなくすはこれまた必死であるだろう。
そんな意味でも、ソニー自体よりソニーでさえと便乗リストラを敢行する企業の出現こそ恐れるべき状況かもしれない。

そしてまた、余程のエリートでもなければ、望む就職などほぼ皆無なのはいつの時代でもむしろ普通、次善、次次善、次次次善と、希望を下げていって引っ掛かればまあマシくらいが、筆者の中退時の就職事情、希望にあふれてなど、夢のまた夢でもあった。

世間の大波に捲き込まれぬ用意、そのことの方がそれからのわが施策だった気がする。不遇など永い人生の中で遭遇しないものなど、これまた氷山の一角に過ぎぬだろう。自分自身が引き継ぐ就職のバトンリレー、考えようではチャンスにもなることもあり、だ。
力を蓄えておけ!されば時至る、というしかないのではある。

人気ホームページランキングへ

スポンサードリンク
posted by キャッツ・アイ at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2008年11月07日

ひき逃げ犯、人間ワザでないその生活感覚、なんじゃコレ!


大阪のひき逃げ事件、容疑者逮捕で良かったとは言えるけれど、犯人の人物像が明らかになるに従い、とんでもハップンの行状で、こんな輩が大手を振って徘徊しているのが今日の社会かと、納得させるのにも思案を要する態である。

事故.jpgこれだけのことをしてまだ逃げようとしていたというから、救いも何も理解のほかということしかない。確かにこの手の手合いは、稀にはいるので、遭遇しないことを祈るのみということになる。
無免許の上、保険金詐欺で執行猶予中、自宅近辺でも小便をまき散らしながら歩いていたというから、道理もへちまも無い人物といっていいだろう。

こんなのにも執行猶予が付いてしまう裁判とは、いかなるものかということになるが、それこそダーティハリーに成敗してもらうしか手のない輩ではあるだろう。アンディ・ロビンソン演じる犯人も傷を負って「不当だ!不当だ!」と、天に唾していたが、価値観はさほど変わらぬ人生観だろう。出会いがしら、出たとこ勝負、あとは逃げるが勝ち、というわけだ。

政治も経済も生活も綻び、いよいよこうして人間が次々綻び切る時代だろうか。人間自身が天災の素因となっては、もはやどこにも救いはない。轢いてしまうところまでは事故でも、逃げるという行為は既に犯罪と気づかぬ種類の人間はいつの時代にもいるだろうが、逮捕されてなお弁明の余地もないことに気づかぬこの種類の人間には通常の常識で行う裁判では、漏れすれ違うことも多いだろう。
いやあ桑原クワバラ、という以外には、あきれるしかない。

人気ホームページランキングへ


スポンサードリンク
タグ:ひき逃げ
posted by キャッツ・アイ at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。